@ 相続手続きを実行する人を予め決めておくことができる。
ご本人が亡くなられた後、相続人の中のどなたかが、預貯金、家や土地などの名義変更手続きをされると思います。ただし、病気などで体調の優れない方や、仕事が忙しくて時間の取れない方の場合、また遠隔地に住んでいて手続きが煩雑になりそうな場合など、名義変更手続き等が、スムーズに行われるか心配な場合もあるかと思います。
そのような場合、遺言書の中に、これら遺言の執行をする人(遺言執行者)を定めておくことにより、確実に遺言の内容を実現することができます。
遺言執行者には第三者を指定することもできるので、私たち行政書士に相談して頂くこともできます。

A  自分が残したい人に財産を残すことができ、残したくない人には残さなくてよい。
遺言書がない場合、誰がどのくらい相続するかは、法律や残された人たちの話し合いなどで決まることになります。これに対し遺言書を残せば、誰に何を残したいかをご希望として表わすことができます。
法律上は相続できない人に相続させることをお考えの場合や、相続人の中に相続させたくない人がいる場合に、遺言書は必要なものとなります。
 
B 遺産の争いを未然に防げる。
ご本人の想いを遺言書として残しておけば、相続は原則的にその内容に沿う形で実現されることになります。従って、その場合相続人の方たちで争いが起こることはなく、無事に相続の手続きを終えることができます。
遺産相続の争いをきっかけとして、その後何十年と相続人間で争いが続いていくこともあります。争いがなく、平穏無事に相続手続きを終えることができるよう、予め準備しておくことは、ご本人にとっての最後の重要な役割であると言えるかもしれません。

C 相続手続きがスムーズになる。
ご本人が亡くなると、家族でも預貯金が下ろせなくなってしまったり、家や土地に関しては名義を書き換える必要が出てきます。
これらのケースでは、遺言書がないと手続きにかなり時間がかかってしまうこともありますが、遺言書があれば比較的スムーズに手続きが行えます。
以上、簡単に遺言書を作るメリットを載せておきました。遺言書を作成するかどうか迷われている方も多いと思います。
ご質問やご相談だけでも結構ですので、お気軽にご連絡下さい。
 
 Copyright (c) 中村哲也行政書士事務所 All Right Reserved.
 〜遺言書を作るメリット〜 
  
行政書士 中村哲也
 
 〒430-0901 静岡県浜松市中区曳馬五丁目23番13号
TEL 053-488−4930 FAX 053-488−4931
相続・遺産分割相談センター TOPページ  遺産分割協議について  遺産整理業務について
遺言・相続の基礎知識   相続開始後の大まかな流れ 遺言・相続Q&A
成年後見の相談等   後見と保佐の比較    財産管理に関する倫理と民法の規定 
  財産管理の具体的方法   検討を要する事案   消費者被害に関する主な法律 
消費者被害と成年後見制度  事務所案内図 リンク集 サイト利用規約・免責事項