検討を要する事案
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                           
@ 本人の扶養義務                       
  (本人と生計を同一にしている配偶者や未成年の子、障害を持った子の場合)                
    夫婦間では、生活に必要な費用は資産や収入に応じて分担することになっているので、配偶者の収入で不足する生活費については本人の財産から支出します。未成年の子や障害を持った子の場合も、その子の収入で不足する生活費は本人の財産から支払います。    
             
    (成人している子)        
    家庭裁判所と相談 本人に貸し付けるという方法もあります。        
             
  A 親族への介護報酬の支払い         
    在宅を希望し、介護サービスを利用しても不足があり、それを親族がカバーしているような場合で、本人も満足している場合が考えられる。基本的に裁判所と相談します。将来の遺産相続の争いとならないような配慮も必要となります。        
             
  B 居住用財産の処分         
    家庭裁判所の許可が必要。この場合の処分には、本人所有の居住用不動産を売却したり、賃貸したりすることのほか、本人名義で借りているアパートなどの契約を解約することも含まれます。また、同居の家族がリフォームなどで金融機関から融資を受け、本人名義の敷地に抵当権を設定する行為も含まれます。        
             
    許可を受けるには、家庭裁判所に申立書を提出します。売却の場合は、売却の相手、売却価格などが決まってから、売買契約書案を添付して申し立てます。        
             
  C 確定申告と納税         
    本人が老齢年金などの課税年金の受給者、もしくは不動産その他の所得がある場合には、確定申告が必要な場合があります。        
    年金受給者の場合には、毎年1月に年金支払者から公的年金等の源泉徴収が送られてきますので、それに健康保険・介護保険料などの資料や医療費・生命保険料などの領収証を添付して申告を行います。所得税は年金から源泉徴収されているので支払は不要で、医療費が高額な場合などは還付が受けられます。        
    また、成年後見には特別障害者控除が受けられます。確定申告書とは別に毎年10月から11月頃に年金支払者から「扶養親族等申告書」という書類が送られてきますので、特別障害者に該当するという届出も忘れないようにします。        
             
  D 医療・介護費用等の公的扶助         
    医療費や介護保険サービス利用料の自己負担分には、本人の所得に応じて各種の公的助成があります。市区町村の窓口で確認してください。         
     例: 入院時の食費の減額・介護保険施設の食費・居住費の減額・高額医療費・高額介護サービスの支給・重度心身障害者医療費など        
             
  E 生活保護の申請         
    本人の収入が生活費をまかなうに足りなく、また預貯金や不動産の資産もない場合には、生活保護の申請を検討する必要があります。福祉事務のケースワーカーと相談します。         
             
  F 後見制度支援信託         
    後見制度支援信託は、後見制度による支援を受ける方(ご本人)の財産のうち、日常的な支払をするのに必要十分な金銭を預貯金等として後見人が管理し、通常使用しない金銭を信託銀行等に信託する仕組みのことです。成年後見と未成年後見において利用することができます。         
             
             
             
             
     
相続・遺産分割相談センター TOPページ  遺産分割協議について   遺産整理業務について 
 遺言書について 遺言・相続の基礎知識  相続開始後の大まかな流れ  遺言・相続Q&A  
 成年後見の相談等  後見と保佐の比較  財産管理に関する倫理と民法の規定 
 財産管理の具体的方法  消費者被害に関する主な法律 消費者被害と成年後見制度
事務所案内図 リンク集 サイト利用規約・免責事項
       
             
             
     
  
行政書士 中村哲也
 
 〒430-0901 静岡県浜松市中区曳馬五丁目23番13号
TEL 053-488−4930 FAX 053-488−4931
       
             
             
     Copyright (c) 中村哲也行政書士事務所 All Right Reserved.