後見と保佐の比較   
     
     
     
     
                   
 
  財産管理権  代理権  追認権 取消権  同意権 
成年後見人  ○  ○  ○  ○ ※1  × 
  (859条1項)  (859条1項)  (122条)  (120条)   
保佐人 △ ※3  △ ※3  ○  ○  ○ ※1 
  (876条の4 1項)  (876条の4 1項)  (122条)  (120条)  (13条1項) ※2 
        
 
                   
  ※1 日常生活除く  
  ※2 同意権の拡張規定あり (裁判所の審判必要)  
  ※3 特定の法律行為につき、代理権の付与規定あり          
      (裁判所の審判 + 本人以外の請求の場合には本人の同意も必要)          
     財産管理権も代理権の範囲で認められる。          
                   
   859条 1項(財産の管理及び代表)         
    後見人は、被後見人の財産を管理し、かつ、その財産に関する法律行為について被後見人を代表する。  
            
   122条 (取り消すことができる行為の追認)  
      取り消すことができる行為は、第百二十条に規定する者が追認したときは、以後、取り消すことができない。ただし、追認によって第三者の権利を害することはできない。  
            
  120条 (取消権者)  
      行為能力の制限によって取り消すことができる行為は、制限行為能力者又はその代理人、承継人若しくは同意をすることができる者に限り、取り消すことができる。  
  2 詐欺又は強迫によって取り消すことができる行為は、瑕疵ある意思表示をした者又はその代理人若しくは承継人に限り、取り消すことができる。  
            
  876条の5 1項 (保佐の事務)  
    保佐人は、保佐の事務を行うに当たっては、被保佐人の意思を尊重し、かつ、その心身の状態及び生活の状況に配慮しなければならない。  
     
  13条 1項 (保佐人の同意を要する行為等)  
   被保佐人が次に揚げる行為をするには、その保佐人の同意を得なければならない。ただし、第九条ただし書きに規定する行為については、この限りでない。  
   一 元本を領収し、又は利用すること。  
   二 借財又は保証をすること。  
   三 不動産その他重要な財産に関する権利の得喪を目的とする行為をすること。  
   四 訴訟行為をすること。  
   五 贈与、和解又は仲裁合意(仲裁法(平成十五年法律第百三十八号)第二条第一に規定する仲裁合意をいう。)をすること。  
   六 相続に承認若しくは放棄又は遺産の分割をすること。  
   七 贈与の申込みを拒絶し、遺贈を放棄し、負担付贈与の申込みを承諾し、又は負担付遺贈を承認すること。  
   八 新築、改築、増築又は大修繕をすること。  
   九 第六百二条に定める期間を超える賃貸借をすること。  
     
   876条の4 1項 (保佐人に代理権を付与する旨の審判)  
   家庭裁判所は、第十一条本文に規定する者又は保佐人若しくは保佐監督人の請求によって、被保佐人のために特定の法律行為について保佐人に代理権を付与する旨の審判をすることができる。  
     
   125条 (法定追認)  
   前条の規定により追認をすることができる時以後に、取り消すことができる行為について次に揚げる事実があったときは、追認をしたものとみなす。ただし、異議をとどめたときは、この限りでない。  
   一 全部または一部の履行  
  二 履行の請求  
  三 更改  
  四 担保の供与  
  五 取り消すことができる行為によって取得した権利の全部又は一部の譲渡  
  六 強制執行  
     
   126条 (取消権の期間の制限)  
  取消権は、追認をすることができる時から五年間行使しないときは、時効によって消滅する。行為の時から二十年を経過したときも、同様とする。  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
   
相続・遺産分割相談センター TOPページ  遺産分割協議について  遺産整理業務について
 遺言書について 遺言・相続の基礎知識 相続開始後の大まかな流れ 遺言・相続Q&A
 成年後見の相談等  財産管理に関する倫理と民法の規定 
 財産管理の具体的方法  検討を要する事案  消費者被害に関する主な法律
消費者被害と成年後見制度 事務所案内図 リンク集 サイト利用規約・免責事項
 
     
     
   
  
行政書士 中村哲也
 
 〒430-0901 静岡県浜松市中区曳馬五丁目23番13号
TEL 053-488−4930 FAX 053-488−4931
 
 
Copyright (c) 中村哲也行政書士事務所 All Right Reserved.