消費者被害と成年後見制度
     
     
 
後見制度以外の法律  ⇒ 主に問題発生後の対応策 
   次の被害への予めの対応が難しい
後見制度 ⇒ 主に問題発生前の対応策
   次の被害への予めの対応がしやすい 
  
     
○ 後見制度と裁判    
   後見制度を利用していると、利用していない場合に比べて立証責任が軽減される。  
     
                         
   主な要件事実の内容     
   a.後見制度を利用している状況で裁判等になった場合    
     @ 後見開始の審判を受けていること    
     A 取り消しをしたこと    
     
   b.後見制度を利用していない状況で裁判等になった場合    
     @ 契約の当時、意思能力がなかったこと    
     
  *立証責任とは    
 訴訟において審理の結果、ある事実の存否が不明な場合にその事実がないものと扱われることによって、その事実を要件とする自分に有利な法律効果を得られないことになるという当事者の受ける不利益ないし負担。この責任が認められる結果、当事者は自分に有利な法律効果の発生、変更、消滅に直接必要な事実(主要事実)は、自ら立証しなければならないことになる。    
     
     
*意思能力とは    
 自分の行為の結果がどうなるかを判断し、これに基づいて意思決定できる能力。    
 おおむね小学生になれば意思能力はあると考えられている。    
     
      
 ○ 消費者被害に対し、成年後見制度を利用するメリット    
   @ 被害を予防するための予めの対応ができる。    
   A 裁判等になった場合でも、立証責任が軽減される。    
     
     
     
     
 
相続・遺産分割相談センター TOPページ  遺産分割協議について   遺産整理業務について  
 遺言書について 遺言・相続の基礎知識  相続開始後の大まかな流れ  遺言・相続Q&A  
 成年後見の相談等  後見と保佐の比較  財産管理に関する倫理と民法の規定 
 財産管理の具体的方法  検討を要する事案  消費者被害に関する主な法律
事務所案内図 リンク集 サイト利用規約・免責事項
   
     
     
  
行政書士 中村哲也
 
 〒430-0901 静岡県浜松市中区曳馬五丁目23番13号
TEL 053-488−4930 FAX 053-488−4931
 
   
     
 Copyright (c) 中村哲也行政書士事務所 All Right Reserved.